森 茂雄

■ 登録情報

↓ 活動実績を見る ↓

氏名(ふりがな)  

森 茂雄 ( もり しげお )

住 所  

長野県 木曽郡上松町

所 属 (1)

日本技術士会   正会員

(2)

自然エネルギー信州ネット  正会員

(3)

自然エネルギー木曽地域協議会  会員
 所在地:木曽郡上松町  

連絡先  

TEL:0264-52-4004   携帯:080-5294-3340  

 (この登録者へメールを送る)

自然エネルギー事業に携わった経験の有無
事業名  

①水力発電所改良 ②住宅用太陽光事業化 ③産業用太陽光設計

場 所  

①滋賀県他  ②滋賀県他  ③淡路島他

事業開始時期  

①2002他  ②2010年他  ③2012

事業規模  

①2,700kW他  ②3~5kW  ③1MW

事業関係者  

①電力会社  ②グループ会社  ③同左

事業内容  

①廃止新設  ②設計・施工・検査  ③調査、設計

利用に関する保有資格  

技術士  エネルギー管理士  電気主任技術者 第2種  その他  

事業化支援に関連する保有資格  

  

融資実績等(金融機関)  
融資実績等(ファンド会社)  
融資実績等(その他)  
自然エネルギー事業化に関する国、県、市町村との連携事業実績の有無
事業名  

1村1自然エネルギープロジェクト登録申請 2014.2.28

場 所  

木曽郡上松町荻原集会所

事業開始時期  

未定

事業規模  

太陽光発電 5kW

事業関係者  

上松町役場

事業内容  

地域の活性化と防災拠点の整備

コーディネート事業名  
コーディネート事業場所  
コーディネート内容  
コーディネート件数  
コーディネート事業規模  
コーディネート事業実施時期  
人材育成プログラム修了  

経験あり

プログラム名  

社会企画士、福祉コーディネータ、市民政策論、エネルギー環境政策論、アジア研究、現代社会の探求、環境科学の基礎、ものづくりと技術経営を学ぶ

プログラム実施者  

教養学部・科目群履修資格制度

実施時期  
その他保有資格  

その他  
 詳細:電気工事施工管理技士1級、高圧電気工事士、低圧電気工事士、高圧ガス製造保安責任者、ボイラー技士2級、クレーン運転士、玉掛技能者、低圧電気取扱業務、特殊無線技士乙、京セラ施工認定専門、JPEA施工研修、社会福祉主事、衛生管理者1種、RSTトレーナー、職長安全衛生責任者 公害防止管理者(騒音)、特別産業廃棄物管理者 防火管理者甲種、消防設備士甲4,乙6,7、危険物取扱者乙2,4

研究実績等  
活動できる地域  

/ / / / / / / / / /

エネルギー種別  

/ / / /

支援可能な事業段階  

/ / /

事業段階ごとの実績  

企画・構想段階(初期)での実績あり  設計・事業構築段階(実施)での実績あり  運営・経営段階(維持管理)での実績あり  

自己PR  

専門は水力発電所や住宅用太陽光の設計・施工・検査・運用、産業用太陽光の設計、人材育成、安全管理であります。
近年では画像解析プログラムの開発や創エネ・蓄エネ・省エネといったデマンドレスポンスの調査・研究を行っております。
水力発電、太陽光発電、省エネルギー、電気やエネルギーに関すること、なんでもお気軽にご相談ください。
人材育成として技術者倫理、安全管理、電気に関する各種セミナー講師や講演にも指名ください。

相談に関する条件・料金等  

条件により、どちらでも可能
 詳細:電話、メール等、旅費が発生しなければ無料で可能。

得意分野  

新エネルギービジョン  フィジビリティスタディ(FS)  現地調査  開発行為申請  事業基本設計  事業実施設計  電気設備設計  積算  リスクマネジメント  法律・法令  機器・設備選定  系統連系申請  保守・メンテナンス  人材育成  合意形成  講演・セミナー  勉強会、ワークショップ  環境教育  省エネ診断  

その他  

■ 活動実績

↑ ページ上に戻る ↑

活動実績  

■講演会の講師等の実績  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<平成28年度>/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
○活動実績1
講演会名 : 電気事業の成り立ち
開催日時 : 平成28年4月12日 18時00分~19時30分
会場 : 日本技術士会中部本部
依頼者 : 日本技術士会中部本部
活動内容 : 標記講演について、次の5つのカテゴリに分けてプレゼンを行った。
 1.戦前・戦後における電気事業の舞台裏
 2.動き出した電力システム改革
 3.電力の安定供給に必要なこと
 4.電力のそこが分からん
 5.STOP THE 地球温暖化
(講演の詳細)
 平成27年度の活動を参照

<平成27年度>/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
○活動実績1
講演会名 : 電気事業の成り立ち
開催日時 : 平成27年9月18日 18時00分~20時00分
会場 : 日本技術士会近畿本部
依頼者 : 日本技術士会近畿本部、食品部会・会長
活動内容 : 標記講演について、次の5つのカテゴリに分けてプレゼンを行った。
 1.戦前・戦後における電気事業の舞台裏
 2.動き出した電力システム改革
 3.電力の安定供給に必要なこと
 4.電力のそこが分からん
 5.STOP THE 地球温暖化
(講演の詳細)
公益事業特権を与えられた電気事業が一見平穏な時代を送り続けていたと思われがちであるが、実は戦前、戦後と紆余曲折を経て現在の形が築かれた。戦前数百にも上る電力会社が5大電力に統廃合され、やがて戦時下に全てを没収され国家管理体制下に置かれた。戦後、当体制は廃止され熾烈な権力闘争が繰り広げられ、政治までを巻き込んで戦後復興に適した“低廉で安定した電気を需要家の多少に関係なく平等に供給する”といった革新的な垂直統合型の民営化企業の設立を果たした。これが、昨今、NHK放送90年ドラマで放映された「鬼と呼ばれた男」松永安左ェ門に関する話しであるが真の鬼の謂れは残念ながらNKHドラマでは語られなかった。
一方、3.11災害を教訓として電力システム改革が加速される中、電力の安定供給の必要性が肝要とされることを説明、同時に電気事業の“不思議に思うこと”を消費者の目線で取り上げその疑問に答えた。例えば、何故、東西の周波数が統一できないのか?といった具合である。
最後に技術士として追及する3E+2Eについて触れ、科学技術だけでは解決できない厄介なトランスサイエンスの課題は、一見出口のないトンネルのように見えるが、自身が進める再生可能エネルギーの普及活動や啓蒙活動がアリの一穴に繋がると考え、同志の一人一人の実践的な行動がて大きな実を結ぶことの思いを暗に込めて締めくくった。

-------------------------------------------
○活動実績2
講演会名 : 近代化遺産(重要文化財)を巡る現地研修会
開催日時 : 平成27年11月27日 10時00分~12時00分
会場 : 木曽郡南木曽町 読書発電所と柿其水路橋、桃介橋
依頼者 : 日本技術士会長野県支部
活動内容 :  標記研修会の提案と現地説明を行った。
(企画)
日本技術士会長野県支部は、御嶽山噴火災害や南木曽町読書で発生した土石流災害に対して長野県及び地元行政が木曽地域への復興をかけて活動中している「“つながろう木曽”応援運動」や「南木曽町地域おこし」への参画の一環として、ここ木曽地域での研修会を企画、開催した。
主な現地研修内容は、重要文化財である読書発電所の近代文化遺産の軌跡についてであり、各専門分野の技術研鑽と交流、そして互いの絆を深めた。
(研修会の目的)
現地研修会以外に木曽地域の皆さんとの技術交流や技術支援の輪を広げることで日本技術士会がより身近な存在になっていただくもの。これが木曽地域の現役技術者や技術職を目指す若者の学びの場と技術力向上への機会につながることを切望。また自然エネルギーに関する地元プロジェクトにおいて技術的課題を抱え込んでいる行政、団体、個人の方への専門家支援に役立つものとのPRを地元新聞やCATVの取材を通して行った。
(現地説明)
 略
 
 
■委員会等への参加実績  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<平成28年度>/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
○活動実績1
委員会等の名称 : 自然エネルギー木曽地域協議会、日本技術士会・長野支部
実施期間 : 平成28年7月8日、平成28年7月9日
委員会等の設置団体 : 総会
依頼者 : 自然エネルギー木曽地域協議会、日本技術士会・長野支部
活動内容 : 自然エネルギー出前研修講師の登録、H27年度活動実績とH28年度活動計画の協議

<平成26年度>/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
○活動実績1
委員会等の名称 : 自然エネルギー信州ネット&パワーアップミーティング実行委員会
実施期間 : 平成26年6月~平成27年12月
委員会等の設置団体 : 自然エネルギー信州ネット
依頼者 : 自然エネルギー信州ネット会員
活動内容 : 自然エネルギー信州ネットの改革に対する意見要望と年度計画のあり方と方向性について提言。
 
 
■自然エネルギー事業へのアドバイス等の実績  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<平成28年度>/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
○活動実績1
事業の名称 : 中小企業支援
事業の内容、規模・場所等 : 建設業、中小企業・駒ヶ根市
実施時期 : 平成28年4月2日~
依頼者 : 中小企業振興サポート(ミラサポ)専門家派遣
実施概要 : 省エネ診断
活動内容(詳細) : A企業の新商品(既設熱交換器の効率アップ)に対する訴求ポイントと製品の分析・評価に関する技術指導ならびに省エネ法と現状の地球温暖化防止のプレゼンを行った。

<平成27年度>/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
○活動実績1
事業の名称 : 自然エネルギーフェアin木曽
事業の内容、規模・場所等 : 自然エネルギー木曽地域協議会主催 木曽文化公園
実施時期 : 平成27年10月24日
実施概要 : 自然エネルギー普及に関するPRを実施した。
活動内容(詳細) : 
1) 自然エネルギーの定義とねらい
2) 地球温暖化防止との係わり
3) 太陽光発電シミュレーションソフトによる実演(10kW相当の太陽電池を木曽地方事務所に設置した場合の発電所モデルを3Dで設計し、発電シミュレーションから経済性評価までの一連を実地レベルで説明)
※一昨年前も同様のイベントが計画され、同出典を計画していたが、御嶽山噴火災害により中止となった。
 
 
■その他の実績  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<平成28年度>/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
○活動実績1
活動の名称 : 技術者向けの広報誌への執筆
実施期間 : 平成28年4月
依頼者 : 大阪技術振興協会
活動内容(詳細) : 「電気の品質(電圧の維持)」
  電気の品質には、周波数と電圧と停電を起こさないことの3つがある。
  今回は、この内の電圧の役割と維持、制御方法について分かり易く解説し、再生可能エネルギーの大量導入に伴う課題と解決策について触れた。

-------------------------------------------
○活動実績2
活動の名称 : 技術者向けの広報誌への執筆
実施期間 : 平成28年8月
依頼者 : 大阪技術振興協会
活動内容(詳細) : 「電気の品質(停電を起こさないこと)」
  電気の品質には、周波数と電圧と停電を起こさないことの3つがある。
  今回は、最終回として停電に関する国内外の比較や国内における停電事故の特徴ならびに停電を起こさないための各種取組みについて分かり易く解説し、再生可能エネルギーの大量導入に伴う課題をも含めて電気の品質について触れた。

-------------------------------------------
○活動実績3
活動の名称 : 技術者向けの広報誌への執筆
実施期間 : 平成29年1月
依頼者 : 日本技術士会・長野支部
活動内容(詳細) : 「総合エネルギー管理の必要性について」
表題は、エネルギー自給率100%を目指す⻑野県の取り組みに関連した課題を設定した。数年前までは、エネルギーを作り出す事業者(供給者)と消費者(需要家)は売り⼿と買い⼿の関係であって消費量に⾒合ったエネルギーを供給するといった単一⽅向の考え⽅が一般的であったが、双⽅向の仕組みに変化してきている。自動⾞に例えれば燃料を焚いて⾛⾏する時代から余剰エネルギーをブレーキで消費することなく蓄電池に充電する、所謂ハイブリッド⾞がこの双⽅向に相当する。これはエネルギー効率の最適化(燃費改善)を図ったものであるが、今回は普段何気なく使⽤しているエネルギーについて広い視野に⽴った考察を「エネルギー事情」、「これからのエネルギーマネジメント」、「総合エネルギー管理の必要性」、「総合エネルギー管理支援ツールの開発」といったカテギリーで記述した。おわりに、世界196の国と地域、先進国から途上国まですべてが参加する初めての枠組みであるパリ協定は、「京都議定書」以来、18年ぶりとなる法的拘束⼒を持つ国際合意であり、永続的な温暖化対策ともいわれる画期的な協定であったにもかかわらず、⽇本は、温暖化対策「パリ協定」に出遅れ締約国として参加できないことが決まり主導権を失った。これは、⽇本がパリ協定のルール作りに参加できないことを意味するが、我々技術者にとって⼤変残念なことであるとして結んだ。

<平成27年度>/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
○活動実績1
活動の名称 : 日本技術士会(執筆)
実施期間 : 平成27年8月5日~平成27年10月5日
依頼者 : 日本技術士会
活動内容(詳細) : 総合エネルギー使用計画作成支援ツールの開発について紹介(執筆)した。
 (開発の背景)
  再生可能エネルギーの積極的導入、省エネの高度化、デマンドレスポンスの促進など、エネルギーの需要と供給の使用形態を総合的に考えたマネジメントが必要な時代が到来。
 (開発コンセプト)
  使用するエネルギーをコスト最小又はCO2最小となるように再生可能エネルギー、熱源機器、消費電力、蓄電・蓄熱機器などの運転計画を自動作成する簡易ツールを開発することで、エネルギー効率の向上とCO2削減に寄与するもの。

-------------------------------------------
○活動実績2
活動の名称 : 大阪技術振興協会(執筆)
実施期間 : 平成27年9月10日~平成27年10月30日
依頼者 : 大阪技術振興協会
活動内容(詳細) : 技術者向けの広報誌に投稿した。
 表題:「電気の品質(周波数の維持)」
 電気の品質には、周波数と電圧と停電を起こさないことの3つがある。
 今回は、この内の周波数の役割と維持、制御方法について分かり易く解説し、再生可能エネルギーの大量導入に伴う課題と解決策について触れた。