青木 和壽

■ 登録情報

↓ 活動実績を見る ↓

氏名(ふりがな)  

青木 和壽 ( あおき かずとし )

住 所  

長野県 塩尻市

所 属 (1)

有限会社和建築設計事務所  代表取締役
 所在地:長野県塩尻市広丘高出西原1955-3   URL:http://www.kazu-design.co.jp/

(2)

(3)

連絡先  

TEL:0263-51-0318   FAX:0263-51-5352  

 (この登録者へメールを送る)

自然エネルギー事業に携わった経験の有無
事業名  

桔梗荘等太陽光発電設備設置工事調査・設計・監理業務

場 所  

松塩筑木曽老人福祉施設組合 5施設(塩尻市、麻績村、松本市(今井)、松本市(波田)、山形村)

事業開始時期  

26年 3月

事業規模  

50KW/1箇所×5箇所=250KW

事業関係者  

松塩筑木曽老人福祉施設組合

事業内容  

中信地区の市町村でつくる老人福祉施設組合が所有する特別老人ホーム5箇所に、太陽光発電設備(50KW/1箇所)を設置する事業。屋根に太陽光発電設備の積載荷重がかかるため、既存施設の構造計算確認と既存屋根の設置可能調査書から計画した事業を行っている。

利用に関する保有資格  

一級建築士  

事業化支援に関連する保有資格  

  

融資実績等(金融機関)  
融資実績等(ファンド会社)  
融資実績等(その他)  
自然エネルギー事業化に関する国、県、市町村との連携事業実績の有無
事業名  

長野県環境審議会地球温暖化対策専門委員会委員

場 所  

長野県

事業開始時期  

平成24年

事業規模  
事業関係者  

長野県

事業内容  

長野県地球温暖化対策条例の改定にあたり設置された専門委員会

コーディネート事業名  

地球温暖化対策技術開発・実証研究事業(超断熱サッシ開発による住宅の高断熱化検証とゼロ・エミッション住宅検証)委託業務

コーディネート事業場所  

長野県松本市

コーディネート内容  

超断熱サッシ開発による住宅の高断熱化検証とゼロ・エミッション住宅検証を行った。

コーディネート件数  

コーディネート事業規模  

コーディネート事業実施時期  

平成24年度・平成25年度・平成26年度

人材育成プログラム修了  

経験なし

プログラム名  
プログラム実施者  
実施時期  
その他保有資格  

  

研究実績等  
活動できる地域  

/ / / / / / / / / /

エネルギー種別  

/ / /

支援可能な事業段階  

/

事業段階ごとの実績  

企画・構想段階(初期)での実績あり  設計・事業構築段階(実施)での実績あり  

自己PR  

自然エネルギー(太陽光発電システム、薪ストーブ等の暖房設備)を取り入れた建築物の企画・設計・監理を行います。エネルギーを消費する建築物の省エネルギー技術開発(超断熱サッシUw0.47W/㎡・K)では、世界トップの開発技術を有しています。

相談に関する条件・料金等  

条件により、どちらでも可能
 詳細:有料となる条件 1.計画地、建物の調査を伴う相談  2.図面及び緒計算を伴う相談  3.官公庁への関係法令調査を伴う相談 

得意分野  

現地調査  開発行為申請  事業基本計画  事業基本設計  事業実施設計  電気設備設計  機械設備設計  建築設計  構造計算  積算          

その他  

■ 活動実績

↑ ページ上に戻る ↑

活動実績  

■講演会の講師等の実績  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<平成28年度>/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
○活動実績1
講演会名 : 環境エネルギー分野の産業化に向けた勉強会(各論Ⅰ)「多分野の産業が関わる省エネ部材の産業化について」
開催日時 : 平成29年2月16日 10時00分~12時00分
会  場 : 長野県庁議会棟404・405 号会議室
依 頼 者 : 長野県環境部環境エネルギー課新エネルギー推進係
活動内容 : 建築物省エネルギー化に貢献する地域高断熱部材産業は、多分野の産業が関わる産業で、地域産業資源を活用して産業構築できることを説明した。

○活動実績2
講演会名 : 木製遮炎ドアの技術開発
開催日時 : 平成29年3月16日 16時00分~16時25分
会  場 : 豊洲シビックセンターホール
依 頼 者 : 木構造振興株式会社
活動内容 : 防火地域等でも使用可能な、無薬品処理無垢スギ材・ヒノキ材による熱貫流率U=0.8W/㎡・Kの木製ドアの遮炎性能技術開発の発表

<平成26年度>/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
○活動実績1
講演会名 :
 ①「超断熱サッシシンポジウム 長野」
 ②「超断熱サッシシンポジウム 東京」
開催日時 :
 ①平成26年10月22日 13時30分~16時00分
 ②平成26年10月23日 13時30分~16時30分
会  場 :
 ①長野:国立大学法人信州大学工学部信州科学技術総合振興センター
 ②東京:建築会館ホール
依 頼 者 : 超断熱サッシ普及検討委員会
活動内容 : 超断熱サッシ普及検討委員会が主催する「超断熱サッシシンポジウム 長野」と「超断熱サッシシンポジウム 東京」の開催責任者と講師として参加。平成24年から開発した超断熱サッシ技術についての講演を行った。シンポジウムではドイツのift等研究者を召喚し、世界の建築物における窓技術や、世界の建物の省エネルギーラベリング制度等についての講演を行った。

-------------------------------------------
○活動実績2
講演会名 : 平成27年度地球温暖化対策技術開発成果発表会
開催日時 : 平成27年1月13日 14時30分~16時45分
会  場 : イイノホール&カンファレンスセンターRoomB1~3
依 頼 者 : 環境省
主  催 : 環境省地球環境局地球温暖化対策課
活動内容 : 環境省から依頼を受け平成24年度から26年度に実施した、環境省地球温暖化対策技術開発等事業「超断熱サッシ開発による住宅の高断熱化検証とゼロ・エミッション住宅検証」の技術開発成果の情報提供と技術を社会に普及させるための発表

■委員会等への参加実績  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<平成28年度>/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
○活動実績1
委員会等の名称 : 「知」の集積と活用の場産学官連携協議会
実施期間 : 平成28年11月15日、平成29年2月7日
委員会等の設置団体 : 「知」の集積と活用の場産学官連携協議会
活動内容 : 第3回プロデューサー会議出席(平成28年11月15日)、第4回プロデューサー会議出席(平成29年2月7日)

■自然エネルギー事業へのアドバイス等の実績  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<平成28年度>/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
○活動実績1
事業の名称 : 木曽ひのき材による高性能木製窓・ドアの開発・製造・販売
事業の内容 : 地域木材を活用による生産から運用まで他の素材に比べLCAに優れ、建築物の省エネルギー化を促進する高性能木製窓・ドア開発と事業化への取組み
規模・場所等 : 長野県内
実施期間 : 平成28年4月1日~平成33年3月31日
依頼者 : 株式会社山崎屋木工製作所
実施概要 : 地域産業資源である木曽ひのき材による高性能木製窓・ドア開発を行い、高断熱性能と、LCAのCО2削減量に優れる製品生産の取組み
長野県内の木材生産団体、木加工機械メーカー、建材流通会社が協力した事業
活動内容 : 弊社のもつ超断熱サッシ技術を提供し、複数の窓開閉方式開発、窓性能の解析技術協力
アドバイス等の結果、事業化に至った案件とその内容 : 中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律第6条第1項の規定に基づく、地域産業資源活用事業計画認定予定(平成28年2月)

<平成27年度>/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
○活動実績1
事業の名称 : 高断熱性木製サッシのIT利活用した情報提供システム開発
事業の内容 : 建築物の省エネルギー化を促進する高断熱木製サッシの普及促進させるための取組み
規模・場所等 : 長野県千曲市
実施期間 : 平成27年9月30日~平成28年9月15日
依頼者 : 株式会社山崎屋木工製作所
実施概要 : 2020年には全ての建築物・住宅の断熱性能適合義務化が実施されることから、建物の省エネルギーに貢献する高断熱性木製サッシの情報提供サービスの開発。
窓の大きさや開閉方式による窓の断熱性能を瞬時に、顧客に提示するシステム
活動内容 : 弊社のもつ超断熱サッシ技術を提供と、情報提供システムの基本となる高断熱性木製サッシの断熱性能解析実施による技術協力
アドバイス等の結果、事業化に至った案件とその内容 : 平成26年度補正ものづくり・商業・サービス革新補助金事業採択

<平成26年度>/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
○活動実績1
事業の内容、規模・場所等 : 既存風力発電の再稼働検討 500Kw×2基 福島県岩瀬郡天栄村
実施期間 : 平成26年12月9日~継続中
実施概要 : 風力発電の再稼働に向けた検討
活動内容 : 既存の風力の再稼働の検討依頼を受け、発電システムの修理、運用事業者(リパワリングも含め)の策定をした。国内初の民間風力発電設備である。

■その他の実績  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<平成28年度>/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
○活動実績1
活動の名称 : 「木質外被研究開発プラットフォーム」
実施期間 : 平成28年9月22日~平成34年3月31日
活動内容(詳細) : 地域資源である木材を活用し、建築物の省エネルギーに貢献する建築物の木質外被を商品化するために必要な理化学的な研究開発を行うことを目的とする研究開発プラットフォームを設立
プロデューサー:青木 和壽
事業目的
(1)木質系外装材の商品化・事業化を念頭に置いたビジネスモデルの構築
(2)木質系外装材の品化・事業化のための研究戦略、研究計画の策定
(3)木質系外装材の商品化・事業化に関連する知財情報の調査及び知財戦略の策定
(4)研究成果等の情報発信及び新たなプラットフォーム会員の勧誘
(5)その他「知」の集積と活用の場産学官連携協議会の活動への協力 等
会員
12企業・団体