農林漁業有機物資源のバイオ燃料の原材料としての利用の促進に関する法律(農林漁業バイオ燃料法)

法規名称  

農林漁業有機物資源のバイオ燃料の原材料としての利用の促進に関する法律(農林漁業バイオ燃料法)

法規が定める内容  

「バイオマス」は「動植物から生まれた再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」とされ、堆肥やエネルギー、プラスチックなどとして利用することができます。また、バイオマスは循環させる際に大気中の二酸化炭素の量を増やさない(カーボンニュートラル)こともあり、地球温暖化を防ぐ点でも注目のエネルギーです。

(1)産廃物系バイオマス
家畜ふん尿、家庭系生ごみ、食品加工残さ、廃食用油、給食残さ、製材工場等残材、廃棄紙、下水汚泥、し尿浄化槽汚泥
(2)未利用バイオマス
林地残材、間伐材、剪定枝、刈草、麦かん、豆がら、選果場残さ、甜菜(余剰)、小麦(規格外)

法規URL (1)

農林漁業バイオ燃料法 外部リンク

(2)
(3)
(4)
窓 口 (1)

農政部農業技術課 Tel:026-235-7222 Faxl:026-235-8392 メール:nogi@pref.nagano.lg.jp

(2)

管轄の各地方事務所又は、市町村役場

関連URL (1)

長野県 外部リンク

(2)
関連資格・免許
(国家資格・公的資格)
 

関連資格・免許
(民間)
 

バイオマス活用アドバイザー

エネルギー種別  

/ / / / / / / / /

法規内容  

事業段階  

/ / / / / / /

その他