水質汚濁防止法

法規名称  

水質汚濁防止法

法規が定める内容  

特定施設を設置する工場・事業場から排出水を公共用水域に排出する場合は、その排出水の汚染状態が排水基準に適合しなければいけません。
排水基準には、水質汚濁防止法に基づき全国一律に適用される基準と、県の公害防止に関する条例に基づき設定される全国一律の基準より厳しい上乗せ排水基準があります。

(1)水質汚濁防止法 一律基準
① 有害物質 28 項目
カドミウム等の人の健康に係る被害を生ずるおそれのある物質について、排出量に係わらず、全ての特定事業場に適用する。
② 生活環境項目 15 項目
生活環境に係る被害の生ずるおそれのある項目について、排水量50?/日以上の特定事業場に適用する。

(2)県条例 上乗せ排水基準
① 有害物質 4項目
カドミウム、シアン化合物、六価クロム化合物、水銀化合物について、一律基準よりも厳しい基準を適用する。
② 生活環境項目 9項目 BOD、COD、SS 等について一律基準よりも厳しい基準を適用する。

法規URL (1)

施行令 外部リンク

(2)

規則 外部リンク

(3)

水質汚濁防止法 外部リンク

(4)
窓 口 (1)

環境部水大気環境課 Tel:026-235-7162 Faxl:026-235-7366 メール:mizutaiki@pref.nagano.lg.jp

(2)

管轄の各地方事務所又は、市町村役場

関連URL (1)

長野県 外部リンク

(2)
関連資格・免許
(国家資格・公的資格)
 

水質関係公害防止管理者 除外施設等管理責任者

関連資格・免許
(民間)
 

エネルギー種別  

/ / / / / / / / /

法規内容  

事業段階  

/ / / / / / /

その他