環境影響評価法

法規名称  

環境影響評価法

法規が定める内容  

法に規定する規模以上の発電所を設置する場合、事業着手前に手続が必要です。
・環境影響評価法:水力、火力、地熱、原子力、風力

環境影響評価法に基づく環境アセスメントの対象となる事業は、道路、ダム、鉄道、空港、発電所などの 13 種類の事業です。このうち、規模が大きく環境に大きな影響を及ぼすおそれがある事業を「第 1 種事業」として定め、環境アセスメントの手続を必ず行うこととしています。この「第 1 種事業」に準ずる規模の事業を「第 2種事業」として定め、手続を行うかどうかを個別に判断することとしています。つまり、「第 1 種事業」のすべてと、「第 2 種事業」のうち手続を行うべきと判断されたものとが、環境アセスメントの手続を行うことになります。

法規URL (1)

環境影響評価法 外部リンク

(2)

環境影響評価法施行規則  外部リンク

(3)

環境影響評価法施行令 外部リンク

(4)
窓 口 (1)

環境部環境政策課 Tel:026-235-7169 Faxl:026-235-7491 メール:kankyo@pref.nagano.lg.jp

(2)

管轄の各地方事務所又は、市町村役場

関連URL (1)

長野県 外部リンク

(2)
関連資格・免許
(国家資格・公的資格)
 

関連資格・免許
(民間)
 

エネルギー種別  

/ / / /

法規内容  

/

事業段階  

/

その他