文化財保護法 文化財保護条例

法規名称  

文化財保護法 文化財保護条例

法規が定める内容  

開発行為をしようとする土地が、史跡・名勝・天然記念物・文化的景観に該当する場合は現状変更許可申請が必要となることから、事前協議・所要の手続等が必要です。

開発行為をしようとする土地に周知の埋蔵文化財包蔵地があるかどうかを確認することが必要です。ある場合は、文化財保護法に基づき届出又は通知を提出し、保護措置をとることとなります。また、新たな埋蔵文化財包蔵地が見つかった場合、工事を中断し遺跡の発見に関する届出又は通知を提出し、保護措置をとることとなります。

法規URL (1)

施行令 外部リンク

(2)

施行規則 外部リンク

(3)

文化財保護法 外部リンク

(4)
窓 口 (1)

教育委員会事務局文化財・生涯学習課 Tel:026-235-7441 Faxl:026-235-7493 メール:bunsho@pref.nagano.lg.jp

(2)

各市町村文化財センター又は、文化財担当課

関連URL (1)

長野県 外部リンク

(2)
関連資格・免許
(国家資格・公的資格)
 

関連資格・免許
(民間)
 

エネルギー種別  

/ / / / / / / / /

法規内容  

事業段階  

/ / / / / / /

その他