河川法

法規名称  

河川法

法規が定める内容  

河川を流れる水は公共のものであり、利用に当たっては、河川管理者の許可が必要になります。この許可を「水利使用の許可」(一般には水利権の許可)と呼びます。ただし、利用後の水を再び河川に戻す際の水を利用して発電をする場合は、許可(登録)が不要になる場合があります。

(1)水利権の許可(登録)の制度について
   河川法第23条    流水占用の許可(排他的、継続的に流水を占用する権利)
   河川法第23条の2 従属発電の登録(23条の許可済みの水利権を利用して行う制度)
(2)水利権の許可(登録)の権限について
   河川管理者や発電規模、従属元の許可者などにより、国、県、市町村に分類される。
(3)工作物の設置等にかかる許可について
   河川区域内で工作物を設置する場合は、法26条、(24条、27条)の許可も必要になる。
   河川保全区域内で土地の掘削、盛土等行う際も法55条の許可が必要なケースがある。
(4)流水占用料について
   許可(登録)により発電する場合は、流水占用料がかかる。(要件に該当する場合は減免)

法規URL (1)

河川法 外部リンク

(2)

施行規則 外部リンク

(3)

施行令 外部リンク

(4)
窓 口 (1)

建設部河川課 Tel:026-235-7308 Faxl:026-225-7069 メール:kasen@pref.nagano.lg.jp

(2)

管轄の建設事務所維持管理課、国土交通省、市町村

関連URL (1)

長野県 外部リンク

(2)
関連資格・免許
(国家資格・公的資格)
 

関連資格・免許
(民間)
 

エネルギー種別  

/ / / / / / / / /

法規内容  

事業段階  

/ / / / / / /

その他